アフターピルを説明する女医

アフターピルをやめたら体調が良くなったことについて

ピルの副作用で体調が悪い女性アフターピルは、性行為をしたあと72時間以内に、かならず規定の錠数を一気に服用しなければならず、また、副作用のおそれもあるため、国内では産婦人科などの医師の処方箋が必要とされています。このアフターピルは、正しく服用すれば、かなりの確率で緊急避妊が可能ですが、どのような場合でも100パーセントというわけではなく、そのほかにもいくつかのリスクがあります。

アフターピルは低用量ピルなどと服用方法が異なっているので継続して服用する必要はないのですが、ある程度飲み続けている場合には腹部の不快感や吐き気などの症状が出ることがあるのですが、アフターピルをやめたらこれらの症状はなくなります。

アフターピルについて安全性が高いと考えている女性も多いのですが、副作用についてしっかりと把握しておかないと血栓症などになることがあります。データによると日本人の場合は10万人あたり160人の人が血栓症の副作用を引き起こしているので、喫煙などの生活習慣がある女性に関しては高血圧をするなどの処置が必要となります。

また医療機関によってはタバコをやめたら処方するという条件付きでピルを処方する場合もあるので、喫煙をしている女性に関してはピルの副作用が出やすい状況にあります。またピルは一度服用を中止して再度飲み始めると血栓症の副作用が出やすくなるので、一度やめたら服用をしないくらいの気持ちで継続しなければなりません。

ピルの副作用は基本的には服用をやめると全てなくなるので、体調が良くなる場合もあるのですが、月経などの出血を少なくするために服用している場合には、勝手に中止をすることで貧血などの状態が悪化することもあるので、医師に相談をしてから中止をする必要があります。アフターピルは緊急避妊をする場合に服用するものなので、常時飲み続けると副作用が出る可能性が高まります。継続的に避妊をする場合には低用量ピルを継続的に服用するのが一般的なのですが、医療費がかかるので敬遠されることもあります。その場合にはネットでピルを購入することもできますが、副作用が出た場合のリスクが高まります。